hirokiyumiko

煮豚とたけのこ

2015-04-14

フリーアナウンサー シンガー 廣木弓子 オフィシャルサイト 煮豚 たけのこご飯

フリーアナウンサー シンガー 廣木弓子 オフィシャルサイト たけのこ 煮物

お義母さんの煮豚とたけのこ料理。

週末に、とても立派な豚肉と大きなたけのこを持ってお義母さんが泊まりに来てくれました。私は助手をしながら、主にレシピを覚える係。えへ。

食事のメニューっていつの間にかワンパターンになってマンネリするので、たまにお義母さんのお料理を見せて頂くととても良い勉強になります。主婦って奥が深いなー。食器を洗ったちちょこっと片付けるタイミングなんかもハッとする発見があります。

お義母さんの味を覚えて何気なく食卓に出すと、旦那のリアクションも面白いんですよね。
「え!?これ、もしかしてうちの○○!?」とか言っちゃって、何だか嬉しそう。笑
きっと色んな思い出が蘇るんでしょうね。やっぱりおふくろの味は特別ですもの^^まぁ、私の調理だと何かが違うんだとは思いますが(笑)、トライしているというのが面白いのかもしれません。
自分の家族とパートナーが仲良く過ごしている姿って、思いのほか嬉しいものだなとよく思うのですが、それに通じるものを感じていたりもするのかな。とにかく和やかになること間違いなしなのです!!

この日は旦那が泊まりがけの出張で不在。
一人で食事をする予定だったのですが、お義母さんが身重の私を気遣って来てくれたお陰で春を感じる温かな食卓となりました。ありがたかったなぁ。

自分にしてもらって嬉しかったことは、いつか誰かにしてあげたいものです。

 

廣木弓子のトーク

今日は、CN.さんです! :-D

『今って、とてもおいしいお菓子がすぐ買えるけど、手作りおやつってすごく大事だよね。私が子供のころ、母親がババロア作ってくれたのを、すごく覚えていて、自分にも子供が産まれたら…って、ずっと思っていました。子供たちには、クッキーは良く作ってあげたし、娘もそれは覚えているみたい。特に女の子は、そういうのを見て、お菓子作りや料理に興味を示すから、とっても大事よ!!ある程度たったらの話だけど、手伝わせるのって、その子の喜びでもあるからね。ママ、頑張って♪

 

♣ミルクレープの記事を書いた時に頂いたメッセージです。どうもありがとうございます!何歳頃の記憶なのか定かではないけれど、手作りおやつにまつわるあれこれって覚えているものですね。先日生クリームを作っていたら急に思い出してちょっとビックリしました。絵本の「しろくまちゃんのパンケーキ」を見てパンケーキを作ってくれと大騒ぎしたことや、祖母がよくフルーツを入れた寒天ゼリーを作ってくれたこと・・・。懐かしさとともに改めて感謝の気持ちが湧きました。
楽しくお手伝い出来るようになることは、その子の将来の為にも大事ですね!上手に参加してもらえるよう工夫してみよ♪

PS.美貴さん、先日お誕生日だったとか!遅くなりましたがおめでとうございます☆良いコトいっぱいの1年になりますように^^


★こちらの記事もあわせてどうぞ★